So-net無料ブログ作成
検索選択

オシロ修理 [電子工作]

電子関係の基本測定器のひとつ、オシロスコープ。Tektronix 2465B 400MHzのアナログオシロです。またもらって来ました。今度は故障品です。

本当は直線的に右上に行かなければならないのですが、中央より1目盛り上あたりから曲がっています。波形が命の測定器ですから、これはいけません。

とりあえず上から見たところ。テレビのブラウン管からすると、みょーに細長ですね。

テレビは磁界でビームを振りますが、オシロは電極に高い電圧をかけて振ります。

その上は電源部。筒状の部品は電解コンデンサ。

液漏れの跡があり、10個以上交換。

症状からすると偏向系の電源ぽいし、これで直ればなぁ。

1990年前後のものには小型高性能を謳った4級塩タイプの電解コンデンサが使われていたのですが、後年になって封止ゴムを犯す性質が露見、電解液がもれて基板が腐食する問題が起きました。

メーカー問わず、自動車でも大量に発生していて対策が大変だったのですが、不思議とニュースになりませんでしたね。

世の中には不思議な力があるのでしょうか?

目視でチェックしていたら、案の定腐食発見。

完全に腐っていたので、コンデンサ交換、電線で補修しました。

でも、これはディジタル基板、症状とは関係ないな。

世の中すごいもので、Webで探していたら、マニュアルスキャンしてPDF化したサイトがいくつかありました。(警戒して閉じてしまうといけないのでURLは載せません。探してみてください。)

症状としては、

・ch1,ch2のみ、CRT上のほうへ行くと振幅が小さくなる。

・ch3,ch4やRead outカーソルとかは大丈夫。

ということで、CRT,偏向系ではない、別ICのch1,ch2が同じ症状でいっぺんに壊れることは考えにくい。

で、まず電源系を確認して異常なし。いろいろ追っていくと、どうも白丸の部品がおかしいらしい。これをパスすると、ちゃんとした波形がでるぞ。5:1MultiplexerというハイブリッドICです。見るからに高そうで、汎用品の可能性が低くて、入手なんか困難な部品にぶつかってしまいました。

基本は高速切り替えスイッチなので、Maximのビデオ用とか代用品を自作すれば何とかなるか?と思いつつ、Webを検索すると、オークションの最大手、ebayに出品されてる!。

で、ついにebayデビューと相成りました。nixie管とかも安てたくさん...。支払いはカード詐欺の本場なので、paypalを使いました。相手にはカードNo.を知らせないで取引ができます。(カードNo.持ってるだけで被害にあう可能性はあるんだけど....)

このオシロ、20年前のものですが、1MHz1万円と言われた頃のものです。

直す価値はある、うん。というか、あの部品で直るのだろうか?交換部品も中古だし。

2007/9/28追記。直りましたよー!

 

カスタム率が高いのはTektronixだけかというと、そうではなくて、↑は5年前くらいのAgilentのオシロですが

ご多分に漏れずカスタムICばっかりです。これはプリアンプ部。

ま"~DCから1GHzまでフラットなアンプですから、そりゃ市販品じゃ無理でしょう。そうでしょう。

 

と、ヤフーオークションで中古測定器をポチりそうになったとき、このページを思い出してください。

そして、壊れたときのことを想像してください。

 

そうです、自分に言ってます....。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。