So-net無料ブログ作成

ACアダプタ壊れました [電子工作]

a1.jpg

物はこれです。

会社の人から、ヘッドホンアンプ壊れたのであげる。ACアダプタは新品だから。

で、次の日。症状変わらないんだよね....でいろいろ話をしていると、どうにもACアダプタくさい。

でも、テスタでは15Vぴったりだという。しかし他に考えられないのでACアダプタを適当なものに交換すると、ちゃんと動作する。やはりACアダプタでしたか。

で、改めてうちに来たACアダプタなの内部。

a2.jpg

a3.jpg

a3.jpg

見事に液吹いています。原因はこれですね。

a4.jpg

犯人?犠牲者?のコンデンサ。

a5.jpg

容量を測ってみると66uF。定格は680uF/25V.1/10ですか。

a6.jpg

外してみると、コンデンサは二個取り付けられるようになってる。

a7.jpg

裏側にはセラミックコンデンサがつけられるようなパターンになってる。

てなわけで、

a8.jpg

a9.jpg

信頼の日本メーカ(日本製ではないよね....きっと)のものと交換。容量さらに倍にしてみました。

noload.png

これ、故障時の無負荷。殆ど正常。

load_ng.png

ところが、1A流すとこんな具合。リプルが1Vp-pもあった。

こりゃだめだわ。

load_ok.png

コンデンサ交換後。これは正常。

load_ok_mag.png

50mVp-pちょっと。まあいい所でしょう。

しかし、電解コンデンサのパンク多いなぁ。

コストダウンで容量ギリギリなのか、電解コンデンサの品質が良くないのか。

あるいはどっちも...。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。