So-net無料ブログ作成

秋月 LTC1799モジュール [電子工作]

今日、3ヶ月ぶりに秋葉原へ行ってきました。

ヨドバシ近くに知らないビルができてたり、日通や東京三菱が入っていたビルが解体されてたり。プチ浦島太郎でした。

で、先日書きました秋月電子通商の新商品、LTC1799モジュールを買ってきました。

抵抗一本で1KHzから30MHzまで可変できる発振器ICです。1/100、1/10の選択ができる分周期が入っています。

以前PinコンパチのLTC6905という17MHzから170MHzまで可変できるものを使ったことがあるのですが、周波数設定抵抗の範囲が10-25KΩと狭いこともあり、とても敏感な素子でした。

今回のLTC1799は3.3KΩから1MΩとなっています。

基板のアップ。これ、片面基板です。ランドはがれにご注意。

電源2本GND2本、周波数設定端子、分周比設定端子、出力端子、LED端子があります。LEDは510オームの制限抵抗が入っています。

てきとーに動かしてみました。Vcc=5Vです。

30MHzの出力波形。直近に0.1uFが入ってとは言え、電源パターンが長いせいか、1.2nSほどジッタがあります。スペック上は130ps程度です。

EXO-3的に、一般的かつ一時的なクロック源としてひとつ持っていると便利かと思います。

 

実験中周波数を上げていくとFMラジオがだんまりするポイントがありました。

計算すると発振周波数の第七高調波でした。矩形波ですから、奇数次の高調波出まくりですね。

で、この状態から周波数設定端子に手を触れると、FMラジオからブーンというハム音が。ああ、周波数変調か...かかるのか!。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

あっき

こんにちわ!電気工作好きの親父「あっき」です。

近隣の不燃物処理業者からトリオの高1中2通信型受信機
「9R59D」を無料入手し、レストラに苦戦中です。

クリスタルマーカーの変わりにこの「LTC1799モジュール」を
7MHzに設定し、HAMバンドのバンドエッジ確認用にしたいのですが
誤差が%単位ですので大まかな目安としての使い方ですが・・・
また、出力が矩形波ですので、LM2904Nを使ったローパスフィルター
を入れて正弦波へ波形整形したいと思うのですが・・・・・
by あっき (2007-03-07 17:38) 

doggie

こんばんは、あっきさん。
おお、いいもの拾いましたねー。

PLL組めばちゃんとしますが、ちょっと大変ですよね。

トラ技に紹介されたT.IのDDSがAW電子さんでキット化されています。
お値段もお求め安いですね。http://awelec.hp.infoseek.co.jp/
あとは秋月電子さんのDDSキットですね。数次のLPFがついてたように思います。
真空管も手を出したいのですが、グッと我慢しています。
by doggie (2007-03-07 23:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。