So-net無料ブログ作成

PSoCマイコンスタートアップ [PSoC]

p1.jpg

いや、もう出てていたんですね。

CQ出版からは3冊目、日本という切り口だと4冊目のPSoC解説本です。

今回はCY8C21434の乗った基板とMiniProgが附属します。

既刊のPSoCマイコン・トレーニング・キットとかぶらない?となりますが、今回はCapsenseの解説に重点が置かれています。あと旧PSoC Express,現System Level Designの解説もあります。(ごく最近、CypressからSystemLevel...は今後サポートしないという発表がありましたが...)

Capsenseというとプリント基板を作らないとね...と思われるかも知れませんが、本書ではユニバーサル基板に作りこんでいきます。いままでの電子工作の手法でいけます。

p2.jpg

付録基板表。空きパッドはAD5161BRMZ10という、アナログデバイセズのI2Cインターフェース電子ボリウムです。パラレルに手動の半固定抵抗もつながっています。(コパルのST-32かなぁ。)

で、あれっと思った方は鋭い。

p3.jpg

CY3240A Target20と書かれています。

CY3240はI2USBの番号なのですが、それのターゲットボードってことなのでしょうか。謎です。

シンプルな基板なのに、Rev.Fなんですね。

p4.jpg

毎度おなじみMiniProg。

p5.jpg

付属のものはRev.Cでした。たしかRev.E位まであったような。

Cypressのロゴが入っています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

sec

こんにちは

『CY3240-I2USB』
此の本には付属していませんがと書いてあります
CapSense Expressのデバッグ用の物と同じ物で
USB接続用ですね
by sec (2009-11-17 21:15) 

doggie

secさまこんばんは
近接センサにも付いてきますね、I2USB.
準標準ツールなので、もう少し入手がらくだといいんですが。
いつも使い方を忘れてしまうので、本に出ているのは助かります。
by doggie (2009-11-17 22:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。